おすすめ観光ルート

燕の職人の極上の技を見る

1泊2日 燕の技術にどっぷりつかる旅

燕市には数多くの金属加工業の工場があります。
その中でも、職人の極上の技術を見学し、体験できるスポットをチョイスしました。
じっくりと職人の仕事を見たい方、ものづくりへの心意気を感じたい方にオススメです。

小林研業

世界の磨きを間近で見る!
エコカップ・ビアゴブレットの研磨を見学

小林研業は、iPodや、パソコンの金属部品など、技術の高さが求められる分野で評価を得ています。ここでは、エコカップや、ビアゴブレットの仕上げとなる研磨の工程が見学できます。正確な研磨から生み出されるカップは、ビールの泡立ちをクリーミーにして、まるで生ビールのような飲み口。世界に誇る燕の研磨技術を間近で見学できますよ。

小林研業の情報はこちらから

職人の手で磨きあげ

燕市磨き屋一番館

「にいがた県央マイスター」認定の職人が作る、
純チタン製のビアマグ

燕市磨き屋一番館は、「にいがた県央マイスター」認定の研磨職人3人が、後進の指導を行っている場所です。ここでは、鏡面加工が難しい、純チタン製のビアマグの加工などを行っています。また、実際にカップや、スプーンの研磨体験ができるので、燕のものづくりの難しさ・楽しさなども実感できますよ。

燕市磨き屋一番館の情報はこちらから

純チタン製のビアマグ

山﨑研磨工場

”知る人ぞ知る”究極の磨きのタンブラー

山﨑研磨工場では、表面の凹凸を100万分の1mm単位まで磨き上げる技術の高さ、品質の良さから、現在は主に、モバイル・IT機器筐体部品など精密さが必要とされる研磨作業や、サニタリー配管部品、機械部品、鍋、ケトルなどの内外研磨を行っています。
オリジナルブランドのステンレスタンブラーは月産35本程度という希少品ながらも、技術の高さ・デザイン性から人気の商品となっています。
究極の磨きを施す職人の仕事に圧倒されますよ。

山﨑研磨工場の情報はこちらから

オリジナルブランドのステンレスタンブラー

ホテル小柳

温泉でゆったり 一日の疲れを癒す宿

護摩堂山の麓、湯田上温泉の中でも見晴らしの良い丘にあり、季節を問わず多くの人が訪れるホテル。常に新鮮な驚きが感じられるよう、さまざまなプランが用意されていて、客室のバリエーションを楽しめるのも魅力です。
季節ごとに彩りを変える、バラエティーに富んだ会席料理は名物のひとつで、越後の旬の素材を中心に贅沢な内容を盛り込み、目にも鮮やかに仕上げられています。
1738年に新発田藩から湯治場の許可を得ていた湯は、今も変わらず「薬師の湯」として親しまれています。展望露天風呂から見下ろす越後平野とその夕陽の眺望は、時間を忘れて見入ってしまいそうです。

ホテル小柳の情報はこちらから

ホテル外観

燕市産業史料館

燕の産業の歴史を一目に

江戸時代初期の和釘造りの技術に端を発する、燕の伝統産業発展の歴史を伝える史料館。
和釘造り、鎚起銅器、洋食器など、燕を支えてきた金属加工の変遷が、実物とともにわかりやすく説明されています。
また、日本・世界においても珍しい、スプーン、キセルのコレクションの展示も行っていて、一見の価値アリ!
簡単に体験できるミニスプーン作りも、旅の記念に最適ですよ。

燕市産業史料館の情報はこちらから

産業史料館 外観

玉川堂

伝統の老舗で、燕の歴史を体感する

玉川堂は、1816年の創業以来、200人以上の
鎚起職人を輩出する、燕の伝統工芸・
鎚起(ついき)銅器の老舗です。1枚の銅版から、
ひとつひとつ職人の手によって打ち出される銅器は、
使えば使うほど手になじみ、味わいのある光沢を帯びます。
茶器・酒器・ビールカップをはじめ、生活に欠かせない「器」を数多く作っていて、どれも長く使えるものばかり。職人のものづくりを身近に感じられる場所ですよ。

玉川堂の情報はこちらから

老舗の趣ある入口

燕系ラーメンを食べる

インパクト大!燕名物のラーメンで腹ごしらえ

燕のラーメンは、スープのうえにたっぷり入れられた、背脂とみじん切りの玉ねぎ、うどんのように極太の麺・・・と、インパクトのあるラーメンです。
燕商工会議所では、市内のラーメン店36ヶ所を紹介した「燕ラーメン 三十六ヶ所 お遍路マップ」を作成し、市内各所に配布しています。また、ホームページでもラーメン店を紹介しています。ぜひ、一度燕ラーメンにチャレンジしてみてくださいね。

燕ラーメン お遍路マップはこちらから

たっぷり背脂、みじん切りタマネギ、そして食べ応えのある太麺。岩ノリトッピングも定番です。

島倉堂

紙パックのお酒がまるで地酒に!?

島倉堂は、200年以上の歴史をもつ燕の伝統工芸、鎚起銅器(ついきどうき)の工房です。ここでは、1枚の銅版からたたいて作り出される、「鎚起銅器冷酒盃」を作っています。鎚起で作られた杯は、金属イオンの効果で日本酒の雑味がなくなり、スーっとお酒が入ってきます。
ひとつひとつ職人の手で作られた杯は、高級感があり、使えば使うほど艶のある光沢を帯びてきますよ。

島倉堂の情報はこちらから

鎚起銅器冷酒盃(ハニカムサケカップ)

燕三条地場産センター メッセピア

燕三条の特産品が一堂に

燕の金属加工にどっぷりとつかった最後のシメは、やっぱりお土産物探し!
燕三条地場産センター メッセピアでは、燕三条地域の特産品約8000点が展示・即売されていて、ここに立ち寄れば現在の特産品が把握できます。また、280坪もの即売所には、各特産品が産地価格で提供されており、お得に買い物ができますよ。
燕の職人の思いがこもった金属製品は、旅の記念として自分のために買うのはもちろん、大切な人へのプレゼントにも喜ばれますよ。

燕三条地場産センター メッセピアの情報はこちらから

駅から歩いて数分

おすすめルートに関するお問い合わせは…

燕商工会議所
住所:〒959-1200 新潟県燕市東太田6856
TEL : (0256)63-4116 / FAX : (0256)63-8705
URL : http://www.tsubame-cci.or.jp/