歴史

燕 産業の歴史

燕の工業は農民の副業から始まった?

燕産業は、遠く江戸時代の初期(寛永年間)、農村の副業として始められた和釘の製造技術の導入に始まった、といわれています。度重なる信濃川の水害で困っていた農村の情況を改善するために、江戸より和釘職人が呼ばれ、和釘づくりが農家の副業として薦められ、燕地域に広まったのです。

和釘の大部分は燕・三条の問屋を経由して江戸に運ばれました。この和釘の生産は、元和年間(1615~1623)の江戸地震・大火には災害復旧に大きく貢献したといわれています。それ以降、江戸の数多くの大火によって釘の需要が増大し、著しく繁忙をきわめました。

釘鍛冶職人は近郷をあわせ千人とまでいわれ、徳川時代から明治初期までは、燕産業の約80%は和釘の生産で占められるに至り、福井県小浜市とともに東西の和釘の本場となりました。

銅器・ヤスリ・キセル・矢立の生産のはじまり

元禄年間(1688~1703)に越後の間瀬銅山(弥彦山の麓)が開かれると、伸張性に富んだ良質銅であったこともあり、この間瀬の銅を使って、燕では銅などの銅器の生産が行われるようになりました。この銅器づくりは鎚起という技法が使われていますが、この鎚起技術は仙台の銅器職人によって燕にもたらされたといわれています。この技法は一枚の銅版を大小様々な金槌(かなづち)を用いて打ち延ばすもので、継ぎ目のない銅器がつくられます。美術工芸品としての評価も高く、海外の博覧会にも出展され、昭和56年には通商産業大臣より伝統的工芸品として指定されるに至っています。

そして銅器とは別に、1700年頃から鋸の目立て用の道具としてヤスリの製造も始まり、広島県呉市等と同様に代表的な産地となっています。また、キセルも間瀬の銅を利用して製造が始まり、燕の金属圧延技術と彫金などの飾り物の技術が一体となって発達しました。それにやや遅れて矢立(旅行用筆)の生産も始まりました。

時代の変遷・需要の変化

日本が鎖国時代に終わりを告げ、幕末の開港をむかえると、西欧の製品である洋釘が輸入され始めました。と、同時に日本国内でも洋釘の生産が始まり、明治20年以降洋釘は完全に日本市場を席巻し、燕の和釘は消滅していきました。

また、明治末期から大正初期に入るに従い、生活様式や人々の好みにも変化が表れました。大正の全盛期には全国一の生産地に発展するまでに至ったキセルは紙巻タバコに、矢立は万年筆へと大衆に広がりました。

時代の変遷・需要の変化そのほか、明治末期からアルミニウム製品が急速に広まり、さらに大正3年の第一次世界大戦により銅の価格が高騰しました。一時は30件以上あった業者も他産業に転換を余儀なくされ、その結果銅器産業は、花器・茶道具等の伝統工芸として継承されるに至り、時代の変遷により燕産業は大きな局面に立たされることとなったのです。

燕洋食器産業の始まり

洋食器の製造は、様々な金属加工の伝統の上で進められました。発端は東京の金物問屋から金属洋食器の注文が舞い込んだことが始まりです。燕の職人がフォークを試作してみたところ、その評判は悪くなく、次いでスプーンも製作されました。またナイフは、岐阜県の関市から刀鍛冶職人10人を呼び、ナイフの製造にも成功しました。これらの成功の影には、近世からの伝統的な伸銅・圧延・彫刻・研磨・鍍金などの加工技術蓄積がありました。

燕の金属洋食器は、完全な輸出型地場産業として発展しましたが、太平洋戦争開戦後、まもなく製造禁止になり、軍需産業への転換を余儀なくされました。

敗戦後、戦災を被ることのなかった燕の金属洋食器工業は設備が残っており、比較的早く生産が再開されました。燕洋食器は、日本を占領していたアメリカ軍の注文を受けることで復活し、さらにステンレス洋食器の大量生産に成功しました。

しかし、 1959年のアメリカの輸出規制により、燕は大きな打撃を受けます。ところが、燕は新たにヨーロッパにも販路を拡大し、この危機を乗り切りました。その後、ニクソン・ショックやオイルショック、香港、台湾、韓国などのNIESと呼ばれる新たなライバルの出現など、燕にとって苦しい時期が続きましたが、ここでも燕はめげませんでした。国内需要の開拓や新たな輸出市場の開拓、ハウスウエア部門の発展などでこのピンチを乗り切っていきます。 1985 年のプラザ合意による猛烈な円高においては、輸出枠は大幅な減少を余儀なくされますが、国内需要向けの安定した生産がこの危機に歯止めをかけました。 以後、新しい技術を導入し、燕洋食器は再度輸出型地場産業として発展し、国際的地位を築くに至ったのです。

金属ハウスウェア産業の誕生

金属ハウスウェア産業の誕生

ステンレス加工技術の発達などから新製品開発に着手し、金属ハウスウェア産業が誕生しました。現在では国内の主要産地として、金属洋食器とともに全国生産額の約9割を占めています。

燕は和釘、鎚起銅器、ヤスリ・キセル・矢立などの産地としてその名を知られていますが、燕産業の歴史とは「業種転換の歴史」と言われるほどに、それぞれの時代の需要に応じてさまざまな製品を生産し、販売してきたという歴史があります。

現在では、優秀な金属加工の技術を生かし、プラスチック製品・自動車部品・ミシン部品・金属雑貨・ゴルフクラブ・カーブミラー・農機具・精密機械部品・除雪機械など...、あらゆる分野への多角化が行われており、今後の燕の地場産業の発展が注目されております。

RECOMMEND WEB SITE - おすすめサイト -

PAGE UP